十二の贄 死相学探偵5

角川ホラー文庫

三津田 信三

2015年11月25日

KADOKAWA

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

中学生の悠真は、莫大な資産を持つ大面グループの総帥・幸子に引き取られた。7人の異母兄姉と5人の叔父・叔母との同居生活は平和に営まれたが、幸子が死亡し、不可解な遺言状が見つかって状況は一変する。遺産相続人13人の生死によって、遺産の取り分が増減するというのだ。しかも早速、事件は起きた。依頼を受けた俊一郎は死相を手掛かりに解決を目指すが、次々と犠牲者が出てしまいー。大好評シリーズ第5弾!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.8

読みたい

13

未読

11

読書中

0

既読

25

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あじこ

star
star
1.8 2020年06月21日

今回まで読んで、やっぱりこのシリーズはホラーがメインでミステリは添えるだけ、って事だったんだな~と理解。呪術ずるい。 謎解き部分も、だいたい犯人が分かって読んでいるので、そこへいくまでに他の人が犯人である可能性を潰していくシーンが冗長に感じる。その割に結論はあっさりしていて…物足りないよー。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください