少年陰陽師 いつか命の終わる日が

角川ビーンズ文庫

結城 光流 / 伊東 七つ生

2016年7月30日

KADOKAWA

616円(税込)

ライトノベル

時は平安、若き陰陽師・安倍晴明と、その無二の親友・榎〓(りゅう)斎。彼は、産まれたときからある予言に縛られていた。伴の予言は、はずれない。その予言は、必ず現実のものとなるー苦しみながらもその運命に立ち向かい、友として晴明を気に掛け続けた彼の行く末は…(「いつか命の終わる日が」)。その他、昌浩の邸に来た当初の彰子が生家に思いを馳せる一幕「あの日、髪を切ったとき」など、ファン垂涎の6編が短編集になって登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

9

未読

2

読書中

1

既読

17

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください