セロ弾きのゴーシュ

角川文庫

宮沢 賢治

1969年2月24日

KADOKAWA

572円(税込)

絵本・児童書・図鑑 / 小説・エッセイ / 文庫

楽団のお荷物だったセロ弾きの少年・ゴーシュが、夜ごと訪れる動物たちとのふれあいを通じて、心の陰を癒しセロの名手となっていく表題作。また「やまなし」「シグナルとシグナレス」「氷河鼠の毛皮」「猫の事務所」「雪渡り」「グスコーブドリの伝記」など、賢治が生前に新聞・雑誌に発表した名作・代表作の数々を収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.9

読みたい

1

未読

12

読書中

3

既読

26

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

セロ弾きのゴーシュ

starstarstar
star
3.8 2019年05月17日

宮沢賢治の短編集

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください