飛んで火に入る料理番 新・包丁人侍事件帖(3)

角川文庫

小早川 涼

2016年6月18日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

将軍家斉お気に入りの台所人、鮎川惣介。人並み外れた嗅覚で数々の難事件を解決してきた。文政7年、麻疹の流行が去ったのも束の間、江戸で立て続けに6度もの火事が起こった。直後、惣介は町火消の勘太郎から「火事場で幼馴染みが死んだ真相を調べてほしい」と頼まれる。聞き込みで一連の火事が付け火だと気付き、犯人を捜す惣介。南八丁堀で出会った蛤鍋の亭主から聞いた思わぬ一言で、事件解決へと向かったはずがー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.8

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください