口入れ屋おふく 昨日みた夢(1)

角川文庫

宇江佐 真理

2016年10月25日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亭主の勇次が忽然と姿を消し、実家の口入れ屋「きまり屋」に出戻ったおふく。色気より喰い気、働き者で気立てのよいおふくは助っ人女中として奉公先に出向き、揃いもそろって偏屈な雇い主たちに憤慨したり同情したり。一筋縄ではいかない人生模様を目の当たりにするうち、自分も前を見て歩いていこうと心を決めるー。市井人情小説の名手が渾身の筆で描ききった江戸のお仕事小説。単行本未収録の短篇「秋の朝顔」併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.32

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

21

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください