記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

角川文庫

門田 隆将

2017年2月25日

KADOKAWA

968円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

2011年3月11日、一人の新聞記者が死んだ。福島民友新聞記者、熊田由貴生、享年24。大津波の最前線で取材していた若き地元紙記者は、なぜ死んだのか。そして、その死は、なぜ仲間たちに負い目とトラウマを残したのか。記者を喪っただけでなく、新聞発行そのものの危機に陥った「福島民友新聞」を舞台に繰り広げられた壮絶な闘い。「命」とは何か、「新聞」とは何か、を問う魂が震えるノンフィクションー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

14

未指定

11

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

門田隆将「記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください