怪しい店

角川文庫

有栖川 有栖

2016年12月22日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

推理作家・有栖川有栖は、盟友の犯罪学者・火村英生を、敬意を持ってこう呼ぶ。「臨床犯罪学者」と。骨董品店“骨董 あわしま”で、店主の左衛門が殺された。生前の左衛門を惑わせた「変な物」とは…(「古物の魔」)。ほか、美しい海に臨む理髪店のそばで火村が見かけた、列車に向けハンカチを振る美女など、美しくも恐ろしい「お店」を巡る謎を、火村と有栖の名コンビが解き明かす。火村英生シリーズ、珠玉の作品集が登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.84

読みたい

12

未読

25

読書中

2

既読

80

未指定

62

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

嫌いじゃないけど

starstarstar
star
3.3

作家アリスシリーズは嫌いじゃないけど、いつまでたっても火村の抱えているものの描写が進まないのでモヤモヤする。その部分を書く気あるのだろうか?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください