少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語

角川文庫

一 肇

2017年2月25日

KADOKAWA

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

2浪の果てに中堅お坊ちゃん私大に入学した、十倉和成20歳。ある日、彼のボロ下宿の天袋からセーラー服姿の少女が這いおりてきた。少女・さちは5年前から天井裏を住処にしてきたという。九州男児的使命感に燃えた十倉はさちを庇護すべく動きだした。そしていつしか、自らの停滞の原因ー高校時代の親友であり、映画に憑かれて死んだ男・才条の死の謎に迫っていく。映画と、少女と、青春と。熱狂と暴想が止まらない新ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.63

読みたい

6

未読

6

読書中

0

既読

13

未指定

9

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

一肇「少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください