真実の檻

角川文庫

下村 敦史

2018年5月25日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1994年、現職の検察官が殺人犯として逮捕され、死刑判決を受けたー2015年、大学生の石黒洋平は、母が遺した写真から実の父がその死刑囚・赤嶺信勝であることを知ってしまう。苦悩する洋平は冤罪の可能性に賭け、雑誌記者の夏木涼子と私的な調査を開始する。人はいかにして罪に墜とされてゆくのか、司法とは本当に公正なものなのか、そして事件の真相は!?『闇に香る嘘』の新鋭がおくる、迫真のリーガルミステリ!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstarstar
star
4.04

読みたい

18

未読

20

読書中

2

既読

61

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.3 2020年12月06日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください