富籤始末 江戸の御庭番4

角川文庫

藤井 邦夫

2019年9月21日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

旗本御家人の監察役である目付が何者かに闇討ちされた!御庭番の倉沢家に婿入りした凄腕隠密の喬四郎は、8代将軍・吉宗の直命を受け探索に乗り出す。だが下手人らしき侍を追い辿り着いた先は、意外にも吉宗が以前藩主を務めた紀伊藩の江戸中屋敷だった。見え隠れする甲賀の忍びの影と、徒目付の遺体に残された富札の謎。庶民の娯楽に潜む巧妙な企みとは。忍びに関わる者たちの悲哀と息詰まる攻防を描く人気シリーズ第4弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください