堕落論

角川文庫

坂口 安吾

2007年6月23日

KADOKAWA

484円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない」第二次世界大戦直後の混迷した社会に、戦前戦中の倫理観を明確に否定して新しい指標を示した「堕落論」は、当時の若者たちの絶大な支持を集めた。堕ちることにより救われるという安吾の考え方は、いつの時代でも受け入れられるに違いない。他に「恋愛論」「青春論」など、名エッセイ12編を収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.83

読みたい

26

未読

44

読書中

14

既読

50

未指定

101

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください