七帝柔道記

増田俊也

2013年3月1日

角川書店

1,980円(税込)

小説・エッセイ

「七帝柔道」という寝技中心の柔道に憧れ、二浪の末、北海道大学に入学した。しかし、柔道部はかつて誇った栄光から遠ざかり、大会でも最下位を続けるどん底の状態だった。他の一般学生が恋に趣味に大学生活を満喫するなか、ひたすら寝技だけをこなす毎日。偏差値だけで生きてきた頭でっかちの少年たちが、プライドをずたずたに破壊され、「強さ」という新たな世界で己の限界に挑んでいく。悩み、苦しみ、悲しみ、泣き、そして笑う。唯一の支えは、共に闘う仲間たちだった。地獄のような極限の練習に耐えながら、少年たちは少しずつ青年へと成長していくー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

2

未読

2

読書中

1

既読

15

未指定

7

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2017年12月21日

p.205点じゃのうて線で自分のいる場所を確認してみんしゃい p.321日常的にトップ選手とぶつかり合い、日常的にじんかくをずたずたにされた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください