破門

黒川 博行

2014年2月1日

KADOKAWA

1,870円(税込)

小説・エッセイ

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪した詐欺師を追い、邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、なんと相手は本家筋の構成員だった。組同士の込みあいに発展した修羅場で、ついに桑原も進退窮まり、生き残りを賭けた大勝負に出るがー!?疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る大人気ハードボイルド・シリーズの最高到達点!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.7

読みたい

4

未読

12

読書中

0

既読

59

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.2 2019年05月17日

ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮がコンビを組む疫病神シリーズ。私は「泥濘」から読み始めて衝撃を受け、次いで「国境」と読み進め、これで3作目である。次々と起こる事件や暴力シーンにも耐性が生まれてきているようだ。 北朝鮮渡航の経験がある二宮と桑原は、北朝鮮がらみの映画の監修を引き受けることになる。二蝶会の若頭・嶋田がその映画に出資した縁でそうなった。ところがプロデューサー・小清水は、出資者から集めたカネを持って愛人の玲美と失踪するのだった。小清水の行方を追う二宮と桑原、そんななか、桑原が尼崎の亥誠組と揉め事を起こしてしまう。亥誠組は二蝶会が属する神戸川坂会の本家筋で、二蝶会よりも格上である。今回は金ばかりでなく、極道のスジが絡むお話である。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください