黄金列車

角川文庫

佐藤 亜紀

2022年2月22日

KADOKAWA

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

第二次世界大戦末期。敵軍が迫りくる中で国有財産を守るべく、ユダヤ人の没取財産を積んだ“黄金列車”が、ハンガリー王国の首都を出発した。列車に乗り込んだ大蔵省のバログは、寄せ集めの役人たちの権力争いや、混乱に乗じて財宝や食料を奪おうとする輩に、ベテラン文官ならではの論理と交渉術を武器に闘っていく…。国家も倫理も崩壊する極限状態の中、疾走する列車の運命は?史実を基に力強く飛翔する、スリリングな物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください