知覧と指宿枕崎線の間

角川文庫

西村 京太郎

2021年9月18日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京王多摩川の河原で、30代男性の刺殺体が発見された。遺体から、「大義」と書かれた紙が見つかった。十津川警部が捜査を開始すると、20代の女性会社員、60代の大学教授の死体が立て続けに発見される。どちらの現場にも「大義」の文字が残されていたことから、連続殺人犯の動機を辿っていく。被害者たちの家族が、戦時中に陸軍の航空機に関わっていたことがわかり、鹿児島・知覧へ。真犯人を炙り出すため、十津川が放った奇策とは!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください