白昼の絞殺魔 刑事課・桔梗里見の猟奇ファイル

角川文庫

前川裕

2021年8月24日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

武蔵野署の新人刑事・桔梗里見が初めて臨場した殺人現場は、女子大生が絞殺され、臍をえぐり取られるという凄惨なものだった。桔梗がコンビを組まされたのは、プロファイリングの専門家で「歩く殺人百科」の異名を持つ変人刑事・平瀬。容疑者は浮かぶも捜査は難航、連続絞殺事件にマスコミは“東京絞殺魔、体る”と騒ぎ出す。はたして「東京絞殺魔」は誰なのか。異常者だらけの現実に孤高の女性刑事が立ち向かう。衝撃の警察小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください