家出のすすめ

角川文庫

寺山 修司

2005年1月25日

KADOKAWA

528円(税込)

小説・エッセイ

「書を捨てよ、町へ出よう」-若者の未来の自由は、親を切り捨て、古い家族関係を崩すことから始まるー。愛情過多の父母、精神的に乳離れできない子どもにとって、ほんとうに必要なことは何なのか?「家出のすすめ」「悪徳のすすめ」「反俗のすすめ」「自立のすすめ」と4章にわたって、現代の矛盾を鋭く告発する寺山流青春論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

5

未読

14

読書中

3

既読

18

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください