怪女赤頭巾

角川文庫

梶山季之

1986年7月31日

角川書店

458円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

汚い物ほど儲かるーそれが波多野昌代の持論だった。赤熊のような癖毛から、人呼んで赤頭巾。終戦直後、GI相手の娼婦から身をおこし、広告業、不動産業で大成功をおさめたあとも、その欲望はとどまるところを知らなかった。新型コンドーム、痔と便秘の薬と“汚い物”の開発を命じ、ついには屎尿処理にまで手を伸ばす…。そのうえ彼女は男を枯らしてしまうほどの凄まじい精力の持主でもあったー戦後史を生きた破天荒な女傑の、途方もない一代記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください