蘭菊の狐

角川文庫

西村寿行

1986年9月30日

角川書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

美少女、出雲阿紫は代々狐つきの家系とみなされ、人々からのけものにされていた。町長の石鍋らの命令により町民に妻を凌辱され憤死した父、狂死した母、さらに石鍋らの秘密をつかんだ兄も殺され、孤児となった。怒りと復讐に燃え、全町民を相手に独り立ち向った阿紫は、奇妙な男三人の協力を得て、凄絶な闘いを挑んだのだった…。古来より伝わる“狐つき”の神話をテーマに描いた傑作長編復讐小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください