青春父さんの恋物語

角川文庫

つかこうへい

1988年6月30日

角川書店

501円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「父さんは17歳でした。そう、今のおまえと同じ年です。若さ、それだけで美しい時でした。…そして、父さんの愛した青木シゲルはめまいがするほど美しかった…」時間がとまり、かつてのことどもが凝縮されたような酒場「ベイトンプレース」で、父親は語りはじめる。じぶんと同じ、秘めた「愛」を生きようとする息子に。よろこびと苦渋にみちた、過ぎ去った青春の日々を・「昭和の愛」を問いつづける作家の、宿命のラブ・ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください