井戸のある街(第2話)

角川文庫

つかこうへい

1990年10月31日

角川書店

501円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高校の化学の教師である浩介は、女房の風子に、一人息子ともども教え子とかけおちされてしまう。だが、義母(風子の実母!)の力を得て、19歳の「天使のような女」奈穂子と再婚。奈穂子のおめでたもはっきりし、居酒屋「関所」には今日もなじみの面々がそろい、安穏の日々がつづくかと思えたのだったが、かつての教え子、女優・高見沢麗子から届いた手紙をきっかけに、浩介の身辺は、風雲急をつげる。いっそう広大な、真実の愛をもとめて、なじんだ街に別れを告げる、男の意思と真情を描いた、つかこうへいの新世界、第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください