副社長

角川文庫

清水一行

1987年8月31日

角川書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

経営不振に陥っていた日本空調の副社長・宮武宏次が、深夜の津軽海峡で投身自殺した!ここのところ、驚異的な急成長を遂げ、前年東証一部に上場されたばかりの会社が、なぜ、にわかに経営が悪化したのか?実兄の社長・片田正一は口八丁手八丁の辣腕家で、社内ではオールマイティな存在だったのに、死人に口なし、経営不振の責任を副社長になすりつけ、急場を凌ごうとしていた。だが、大型倒産の際には必ず顔を出し、腐肉をあさる悪徳金融金者の影が見え隠れしはじめた…。社長の責任回避と背任疑惑、知能犯罪集団の巧妙な手口ー企業小説の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください