凄ノ王伝説(7)

角川文庫

永井豪 / 永井泰宇

1989年11月30日

角川書店

501円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関東大震災を凌ぐ“凄ノ王パニック”の猛威から一年、荒野と化した関東の各地に、獣人の群が出没し、生き残りの人々を襲撃した。荒涼たるその一角に忽然と現われた無空上人は、神秘的な霊力によって人々の畏敬を集めた。そして、その無空こそ、ぬけ殻と化した朱紗真悟の奇跡的な甦りの姿であった。無空を慕う美少女玲奈、彼を狙って毒牙を磨く獣人青沼。おそるべき獣人魔王と、瓜生・雪代らが絡んで、凄絶な暴力と官能の嵐が吹き荒れる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください