ぼくらの『第九』殺人事件

角川文庫

宗田理

1993年12月31日

角川書店

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひとみの同級生城山ひかるはいたずらの天才だ。彼女らの誘いで『第九』合唱会に参加することにしたぼくらは、さんざん振り回されてクタクタだ。そんなある日、立石とひかるは原っぱで“殺人死体”を目撃してしまう。死体は、犯人は、だれか。ぼくらとひかるグループは、犯人捜しゲームにやっきになるが…。ゲームオーバーの夜、ぼくらは達成感と新たな友情の芽ばえに酔って、気持よく“歓喜の歌”を歌い上げるのだったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

8

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください