雲の涯

中学生の太平洋戦争

角川文庫

宗田理

1995年5月31日

角川書店

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

昭和20年8月7日、豊川海軍工廠はわずか26分間の爆撃によって壊滅、2500名を超える爆死者が出たが、その中に、450名以上もの若い学徒が含まれていた。彼らはどう生き、どう死んだのかー。当時、地元の中学生であった著者が、様々な貴重な証言、資料を集めて、必死に生きようとしていた彼らの青春の日々をたどった、感動的ノンフィクション・ノベル。広島、長崎の原爆投下日にはさまれ、世に知られなかった大惨事を初めて明るみに出した重要な戦争記録でもある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください