ぼくらのグリム・ファイル探険(下)

角川文庫

宗田理

1998年12月31日

角川書店

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“情報ウィルス”を解除する“ワクチン”を求めて、ぼくらは言語学者と共にドイツ・メルヘン街道にやって来た。そこで、二百年前にグリム兄弟によって封印された伝説集「グリム・ファイル」の存在をつきとめる。その背後には、言葉の持つ摩力を利用して人を支配しようとする秘密組織、さらに第三帝国を再興しようと企むナチの亡霊たちが暗躍していた。人類を危機に陥れる組織とぼくらは対決。ロマンチックなドイツの森で不安と戦慄の戦いは、やま場をむかえるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

7

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください