火宅の女ー春日局

角川文庫

平岩弓枝

1992年1月31日

角川書店

506円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

おふくの父・斎藤利三が、主の明智光秀に従い本能寺で織田信長を討った後、捕えられて処刑された時、おふくは4歳であった。戦乱の時代は、幼い少女の運命を容赦なく翻弄して行く。身分を隠して母方・稲葉家の養女として成長したおふくは小早川秀明の重臣・稲葉正成の後妻となる。しかし関ヶ原の戦いで裏切り者の烙印を押された秀明の恨みを受け正成は浪人となる。徳川支配が確固になると見るや、おふくは二代将軍・秀忠の正室、お江与の方に乳母として仕えることを決心した。-春日局おふくと後に三代将軍・家光となる竹千代との運命的な出会いであった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください