天之稚日子(1)

角川文庫

藤川桂介

1988年4月30日

角川書店

458円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天照大御神、月読命と並ぶ珍御子でありながら、神やらいをうけ天界を追われた須佐之男。その須佐之男が天上に残した神達より6代めの子孫として神界に産声をあげた、若く聡明で猛き神、その名も天之稚日子。生まれながらに祖神・須佐之男の荒ぶる魂を享けた稚日子は、この世の創世に、己れの原罪と神界の秩序とを問うため、ただ独り起つ。いま、稚日子の苦難に満ちた岳なる旅の幕があくー。古事記を新たなる視座から見つめ、壮大なスケールで綴る異時空神話。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください