マヴァール年代記(1)

角川文庫 角川スニーカー文庫

田中芳樹

1990年8月31日

角川書店

506円(税込)

ライトノベル

大陸暦1091年2月、「北の雄」マヴァール帝国は隣国と武力抗争の渦中にあった。陣中に、皇帝崩御の報がもたらされた時、総司令官カルマーンは、すでに勝利を手中に収めていたが、追撃を放棄し、帝都オノグール城の父の元へ急行した。帝位を継承するのは誰か?玉座をめぐる混迷が、カルマーン、ヴェンツェル、リドワーンという、かつての学友の再会に“野心”という一匹の竜を介在させた。どんなに豪華な玉座であっても、二つの野心が共存できる広さはないのだー。いよいよ開幕、幻想歴史ロマン、マヴァール年代記三部作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.6

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください