あの空は夏の中

角川文庫

銀色夏生

1988年9月30日

角川書店

607円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

私は孤独である限り、詩を書き続けるでしょう。思い出も現実も、それほど変わりがない毎日は、生きていくにはあまりにもつかみどころがありません。あの夏の思い出は永遠のかたい誓いです。ノスタルジックダイアリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください