地球暗黒記(3)

角川文庫

荒俣宏

1989年4月30日

角川書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

宮下陽子は、母に会うためBNASのアジトへと忍び込んだ。だが、陽子の母ノエはBNASの女司令だった。母は、陽子にBNASの“アルカ・ノアエ・ツアー”への参加を勧める。このツアーこそ伝説の大洪水から助かる唯一の道だという。そして、ツアーの参加資格を得るための命を賭けた脱出ゲームへの挑戦を迫られるのだった。ハワイに現われた第3の神、核爆弾。それが今、太平洋を闇に包もうとしていた。陽子が見続けてきた熱帯の楽園ハワイは、人間が創り出した地獄のパラダイスだったのか?書下し熱帯伝奇小説。注目のシリーズ完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください