明智光秀(上)

角川文庫

桜田晋也

1989年10月31日

角川書店

768円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

水色桔梗の旗印を押し立てて、下剋上の世を駆け抜けた戦国武将明智光秀、その生涯は新しい時代の幕開けであった。土岐源氏支流の名門の嫡流、母は若狭守護武田義統の妹、伯母は美濃の斎藤道三の正室という生れ。幼くして京都天龍寺で学問をおさめ、管領細川家に出入りするまでになった光秀は、元服するや、美濃の蝮道三の与力として寵愛を受けた。その道三と子義龍の争いに義を通した明智一族三百数十名は,居城可長山城を義龍軍三千七百騎に囲まれ墳死する。一人脱出させられた若き光秀に、明智家二百年の再興はたくされたのであった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください