深海の迷路

角川文庫

森村誠一

1989年10月31日

角川書店

462円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

2月下旬から5月にかけて、静岡県沼津市内で、一人歩きの女性を狙った「夜の狼」が出没し、世間を恐怖に陥れた。一方静岡市内で、火災が発生し、3人の殺人死体が発見された。およそ1年後、保科が駅で具合の悪くなった友貴を看病したことから、2人は同棲するようになった。だが、彼女には忌しい過去があったー。2つの事件と2組の男女が複雑に交錯し、背後には事件の思わぬ真相が…。書下し本格推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください