暗渠の連鎖

角川文庫

森村誠一

1994年12月31日

角川書店

506円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

アベックを専門に襲う強盗強姦事件があいついて発生した。犯人の手口は、デート中のアベックに近寄り、凶器を突きつけて男を縛り、男の目の前で女を犯すというサディスティックな手口で、女を犯した後は金品を奪うというものだった。そして、自分の娘が強盗強姦魔の犠牲になるとは思っていなかった相模署の捜査係刑事の露木直輔。目の前で暴漢に恋人を蹂躙された清家克久。むざむざと恋人を奪われた男は犯人さがしに執念を燃やすが…。現代の「レイプの構造」を解明する社会派推理の長編問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください