殺人よ、さようなら

角川文庫

赤川次郎

1995年3月31日

角川書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一度しかない十六歳の夏、私とママは再び海辺の別荘にやってきた。そう、三年前にあの「事件」が起こった場所だ。ママも私も事件のことは口に出さず、毎日が穏やかに過ぎてゆく。ところが一週間後、新たな殺人事件が発生。私とそっくりの服を着た少女が目の前で殺されたのだ。そして次々と届けられる奇怪なメッセージ。誰かが私の命を狙っている…。『殺人よ、こんにちは』から三年、過去の秘密を胸に抱き、ユキがあの海辺に帰ってきた。大人への階段を登り始めたユキを再び駆け抜ける、切なく輝く夏の嵐。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください