さよなら

角川文庫

吉元由美

1996年5月31日

角川書店

462円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

コピーライターの卵・奈央の前に、ある日新進気鋭のカメラマン若山が一陣の風の様に現れた。それは奈央が24歳の誕生日、雪の降り積もる夜のことだった。その慈愛にあふれた優しい微笑みに心を奪われた奈央。こうして2人は恋におちて行った…。しかし、2人の安らかな満ちたりた日々に、やがて彼の妻の存在が影を落とし始める。結ばれることのない恋に戸惑いながらも、ただ彼を信じ愛そうとする奈央であったが…。いつかは離れてゆく彼への切なく透明な想いを描いた、恋愛小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください