ダリの繭

角川文庫

有栖川 有栖

1993年12月7日

KADOKAWA

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幻想を愛し、奇行で知られたシュール、リアリズムの巨人ーサルバドール・ダリ。宝飾デザインも手掛けた、この天才の心酔者で知られる宝石チェーン社長が神戸の別邸で殺された。現代の繭とも言うべきフロートカプセルの中で発見されたその死体は、彼のトレードマークであったダリ髭がない。そして他にも多くの不可解な点が…。事件解決に立ち上った推理作家・有栖川有栖と犯罪社会学者・火村英生が難解なダイイングメッセージに挑む。ミステリー界の旗手が綴る究極のパズラー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.56

読みたい

11

未読

16

読書中

1

既読

192

未指定

77

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

クロワッサン

シリーズ2作目

starstarstar 3.0 2020年11月06日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください