勇者は、奴隷の君は笑え、と言った

Novel 0

内堀 優一 / エナミ カツミ

2017年3月15日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『笑え、おかしくなくても笑えばそのうちおもしろくなってくる』-とある山村で村人たちから奴隷のような扱いを受ける少年ヴィスは、村はずれに住むやたらと明るい男グレンにずっとそう言われ続けてきた。やがて、長き眠りから魔王の復活が迫った頃、とある事件からヴィスはグレンがかつて世界を救った勇者だと知る。そして二人は村を出て、世界を周る旅に出発。魔法使いの少女ニーニとの出会い、初めての大きな街、暁森人の住む森でのことー勇者と旅した時間のすべてが、大切な何かを失った少年を、ひとりの“勇者”に変えていく。これぞ、必読の“男泣きファンタジー”!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

12

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください