アーク島年代記 (II 2)

角川文庫

ジョナサン・ワイリ / 信太晴明

1992年1月31日

角川書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

アーデンとジェンマの努力も虚しく、首都からは、ヴァレー村を救う協力を取りつけることができなかった。首都の腐敗した支配者の魔の手から逃れた二人は、いつしかお互いへの愛を意識しはじめる…。ヴァレー村への旅の途中、砂漠で待ち受けていたのは不思議な交信能力を持つ小動物ミーアキャットと、そびえ立つ奇妙な石柱。それらに隠された重大な秘密とは?その後、旱ばつの原因を探るべく川の上流をめざし、新たに加わった仲間と共に、再び旅立つ二人。だが、はたして彼らの願いはかなえられるだろうか?ジェンマが浮遊都市で見つけた、ある言葉が全ての鍵を握っていた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください