生きるのも死ぬのもイヤなきみへ

角川文庫

中島 義道

2009年3月25日

KADOKAWA

572円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

自意識を持て余す東大生、自分の容貌を嫌悪するOL、働くことが嫌いなフリーター、5年間引きこもり中の男…。「どうせ死んでしまうのだから、何をしても虚しい」彼らの心の叫びは“正しい”。しかしその真実は、善良で鈍感な日本社会からは抹殺される。苦悩する彼らと著者が対話を重ね、人生の虚しさを直視し、生きることの意味を探究する哲学対話エッセイ。生きづらさを抱える人に捧げる一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.4

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

7

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

お気づきかもしれませんが

starstarstar
star
3.2 2020年12月03日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください