崩れる 結婚にまつわる八つの風景

角川文庫

貫井 徳郎

2011年3月25日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

仕事もしない無責任な夫と身勝手な息子にストレスを抱えていた芳恵。ついに我慢の限界に達し、取った行動は…(「崩れる」)。30代独身を貫いていた翻訳家の聖美。ある日高校の同級生だった真砂子から結婚報告の電話があり、お祝いの食事会に招待されるが…(「憑かれる」)。家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど、現代の社会問題を「結婚」というテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.25

読みたい

24

未読

17

読書中

0

既読

126

未指定

70

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あおたん

暗さと面白さのバランス

starstarstar
star
3.5 2019年11月27日

本好きの友人に勧められて読んだ小説。 面白かった! 8つの短編集で、ほん怖系といえばいいのか、不思議な怖さのストーリーもあれば、暗くて怖いものもあり、とにかくどれも読み応えがあった。 崩れると追われるがストーリーとしては一番好きだったかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください