世界の終わり、あるいは始まり

角川文庫

歌野 晶午

2006年10月25日

KADOKAWA

817円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京近郊で連続する誘拐殺人事件。誘拐された子供はみな、身代金の受け渡しの前に銃で殺害されており、その残虐な手口で世間を騒がせていた。そんな中、富樫修は小学六年生の息子・雄介の部屋から被害者の父親の名刺を発見してしまう。息子が誘拐事件に関わりを持っているのではないか?恐るべき疑惑はやがて確信へと変わり…。既存のミステリの枠を超越した、崩壊と再生を描く衝撃の問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstar
star
3.23

読みたい

20

未読

32

読書中

1

既読

182

未指定

157

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」

--
0
2019年12月11日

みんなのレビュー (3)

クロワッサン

誘拐殺人

starstarstar 3.0 2020年10月18日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください