ハルビン・カフェ

角川文庫

打海文三

2005年7月31日

角川書店

924円(税込)

小説・エッセイ

福井県西端の新興港湾都市・海市。大陸の動乱を逃れて大量の難民が押し寄せ、海市は中・韓・露のマフィアが覇を競う無法地帯と化した。相次ぐ現場警官の殉職に業を煮やした市警の一部が地下組織を作り、警官殺しに報復するテロ組織が誕生した。警官の警官による警官のための自警団。彼らは「P」と呼ばれたー。第5回大薮春彦賞を受賞した、著者渾身の最高傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

6

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください