かっぽん屋

角川文庫

重松清

2002年6月30日

角川書店

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

15歳。頭のなかにあることといったらただ一つ、かっぽんー。憧れと妄想に身を持て余す思春期の少年たちの、ひたすらな性への関心をユーモラスに描いて、もどかしい青春の痛みを鮮やかに蘇らせた表題作のほか、デビュー間もない時期に書き下ろされた奇想天外な物語など、全8編を収録。これ1冊で作家・重松清のバラエティと軌跡が存分に味わえる著者初、待望の文庫オリジナル短編集。巻末には貴重なロングインタビュー2本も併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.57

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

38

未指定

28

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください