チョコレートコスモス

角川文庫

恩田 陸

2011年6月23日

KADOKAWA

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。これは戦いなのだ。知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかをー。少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう!興奮と感動の演劇ロマン。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(26

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

269

未読

35

読書中

3

既読

187

未指定

187

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

恩田陸「チョコレートコスモス」

--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー (1)

galanthusflower

続編読みたいなぁ。。

starstarstarstar
star
4.5 2019年07月15日

会社の同僚に勧められました。 あの『蜜蜂と遠雷』の恩田陸さん! 期待度100%で読み始めました。 面白かった! 演劇の知識ゼロの私ですが、すっかり物語の世界に引き込まれ、一気に読み終えました。 やはり恩田陸さんの筆力は本物だなと感じました。 ただ、、、 多分このお話は、これから始まるドラマの“序章”ですよね? 恩田さんもこの本の“あとがき”で続編のことに触れていらっしゃいます。 なのに、なのに、、😢 続編は出ていないんですってね。出版社の都合とかで。 あぁ、、つづきが気になる。 いつか、物語のつづき(本章)を読める日まで★マイナス0.5。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください