巨大投資銀行(下)

角川文庫

黒木 亮 / 多田 和博

2008年10月25日

KADOKAWA

1,012円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ウォール街での実績を買われた桂木は東京のM&Aチームに移り、多くの買収案件を成功に導く。一方、“伝説のトレーダー”ソロモンの竜神宗一は、金融工学を駆使して日本の証券市場に旋風を巻き起こす。バブル崩壊後、危険なデリバティブ商品が横行する中、米国投資銀行の幹部となった桂木は、一つの志を抱き、新たな世界へと転進する。世界金融の激変期を、圧倒的なリアリティと迫真の筆致で描ききった、俊英の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

15

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

金融業界が垣間見れた気がした

starstarstarstar 4.0 2020年07月16日

バブル崩壊から9.11事件まで…その時金融業界がどのような動きをしていたか、フィクションとはなっているが事実に即した事象も多いため、歴史の勉強みたいな感覚で読めた。 金融商品をどう作成するか、かなり具体的な手法も描かれてたため、正直よく理解できない部分もあったものの、どう危機状況を切り抜けてきたのかがなんとなくわかって、とても面白かった。 それにしても証券会社のギャラの金額に夢がある…精神的なプレッシャーもその分凄そうだが。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年06月05日

わくわくするほんとに面白い本。

全部を表示

ちんくる

 

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月26日

黒木亮最高傑作。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください