にあんちゃん

角川文庫

安本 末子

2010年2月25日

KADOKAWA

607円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

昭和28年、九州の炭坑町。幼くして両親を亡くし、長兄の僅かな稼ぎで身を寄せ合って暮らす4人の兄妹。やがて臨時雇いの長兄が解雇され、一家は離散、次兄(にあんちゃん)と10歳の末子は、知人宅の居候の身になった。さらに襲ってくる苦境に次ぐ苦境。しかし、末子は希望を捨てず、真っ直ぐに生きていく。貧困の悲しみ、兄妹の愛と絆、教室の友情ー末子を取り巻く現実をありのままに綴り、日本中の涙を誘った少女日記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

心が洗われる

starstarstarstar 4.0 2019年09月10日

極貧生活をおくる朝鮮人兄弟の妹の日記。子供の文章だがとてもよい。救いは朝鮮人として差別を受けていなかったこと。貧乏ながら優秀で妹は慶応、兄は早稲田へと進学している。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください