古代からの伝言(水漬くかばね)

角川文庫

八木荘司

2006年9月30日

角川書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

聖徳太子没後、蘇我氏の専横で頓挫した改革路線。同じ理想で結ばれた中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足は蘇我氏を斃し、「大化改新」事業に改革を引きつぐ。しかし朝鮮半島では、新羅を従えた強国・唐が百済の王都を陥とし、百済・高句麗との三国同盟で唐に対抗しようとする日本の外交政策は危機にさらされる。友邦救援のため、日本は運命の「白村江の戦い」へと突入していく。正史「日本書紀」は私たちに何を伝えようとしたのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください