クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下

角川文庫

松岡 圭祐

2008年12月25日

KADOKAWA

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自らの精神鑑定を求める伊吹直哉だったが、アルタミラ精神衛生の周到な罠で美由紀との関係が崩れ始める。一方、伊吹の引き起こした過失事故被害者の許には、不可解な脅迫文書が届いた。この事件の意外な顛末はアルタミラと密輸船の驚くべき陰謀へと繋がってゆく。そして領海侵犯の真の狙いを見破った美由紀は、再びF15の操縦桿を握り日本海へと飛び立つ。愛と戦争のテーマに挑んだ感動巨編、クラシックシリーズ第8弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.14

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

19

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.2 2019年01月11日

巨悪との戦いに勝利して(ちょっとあっけない感あり)、作戦ヘーメラーが発令され、自衛隊が活躍。架空戦争ものという設定は、いつもの千里眼シリーズ、ありえない冒険活劇でした(^_^;)。スカッとした結末。そして、中途半端な形だった美由紀の青春時代との決別。いろいろと盛り込まれていて楽しく一気読みしてしまいました。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.2 2018年06月27日

巨悪との戦いに勝利して(ちょっとあっけない感あり)、作戦ヘーメラーが発令され、自衛隊が活躍。架空戦争ものという設定は、いつもの千里眼シリーズ、ありえない冒険活劇でした(^_^;)。スカッとした結末。そして、中途半端な形だった美由紀の青春時代との決別。いろいろと盛り込まれていて楽しく一気読みしてしまいました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください