つくもがみ貸します

角川文庫

畠中 恵

2010年6月23日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟2人が切り盛りする小さな店「出雲屋」。鍋、釜、布団と何でも貸し出す店ですが、よそにはない奇妙な品も混じっているよう。それらは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。気位高く、いたずら好きでおせっかい、退屈をもてあました噂超大好きの妖たちが、貸し出された先々で拾ってくる騒動ときたら…!ほろりと切なく、ふんわり暖かい、極上畠中ワールド、ここにあり。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.71

読みたい

9

未読

18

読書中

0

既読

265

未指定

127

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年11月20日

江戸時代、深川の片隅で損料屋を営むお紅と清次。損料屋は今で言うとレンタルショップに相当するが、この損料屋「出雲屋」の貸し出している古物は一風変わっていて、歳月を経るうちに付喪神と呼ばれる妖になってしまったものがある。その彼ら、付喪神たちが貸し出されている間に見聞きした、ちょっと不思議な出来事や騒動をめぐる、ほのぼのした時代ものファンタジーとでも言ったら良いのでしょうか。妖怪が出てきてもまったくおどろおどろしいところはなくて、かなり軽くさらりと読めます。本作は長編ではなく、短編連作。 妖怪ものでも、ホラーっぽい感じのが好みの場合は多分に物足りないだろうと思う。

全部を表示

あまり

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

江戸時代、深川の片隅で損料屋を営むお紅と清次。損料屋は今で言うとレンタルショップに相当するが、この損料屋「出雲屋」の貸し出している古物は一風変わっていて、歳月を経るうちに付喪神と呼ばれる妖になってしまったものがある。その彼ら、付喪神たちが貸し出されている間に見聞きした、ちょっと不思議な出来事や騒動をめぐる、ほのぼのした時代ものファンタジーとでも言ったら良いのでしょうか。妖怪が出てきてもまったくおどろおどろしいところはなくて、かなり軽くさらりと読めます。本作は長編ではなく、短編連作。 妖怪ものでも、ホラーっぽい感じのが好みの場合は多分に物足りないだろうと思う。

全部を表示

taboke

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年02月05日

テンポ良く、ずんずんすすめる。もっと読んでいたい。ワクワクできる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください